fc2ブログ

月夜に道草

ゲームの少し変わった寄り道攻略を公開していきます。旧 La fantasia finale

≫ EDIT

FF零式 軍神有り極限低レベルクリア 其の零 ~プレイ条件等~

Youtube
軍神有り極限低レベルの再生リスト

さて、このブログ第3弾となるFFのやりこみプレイは「FF零式 軍神有り極限低レベルクリア」です。タイトルを不思議に思う方もいるとは思いますが、軍神を使うか使わないかでプレイ内容が大きく変わってしまうので、タイトルに軍神を使うことを明記しておく必要があると判断したためです。早速ですが、具体的な内容に移りたいと思います。


◆経験値回避方法
FF零式は、FF12のような経験値取得を0にするアクセサリ(ファイアフライ)が無く、FF10のスフィア盤やFF13のクリスタリウムのように自分でポイントを使って成長させていくようなシステムでもありません。普通に攻撃して敵を倒すとバトルメンバー全員に同じ経験値が入ってしまいます。低レベルクリアを目指すなら、バトルメンバーを一人にして必要最低限の敵だけを倒していくのですが、経験値を入れないような倒し方をすれば、更に低レベルを目指せます。ここで人間に経験値を入れさせない方法を3つ紹介します。


1.軍神に経験値を負わせる。

2.バイオの毒ダメージで倒す。

3.バトルメンバー3人が戦闘不能中に、NPCに敵を倒してもらう


まず1.についてですが、人間の代わりに軍神に経験値を受けてもらいます。この方法なら人間のレベルは低く抑えられます。しかし軍神のレベルは上がってしまいますし、アルティマニアP223によると、軍神は人間の約8倍もの経験値を入手してしまうようです。つまり軍神のレベルがどんどん上がってしまうので、いくら人間のレベルを極限、まで低く抑えても低レベルプレイと認められない可能性もあります。そう言われないように軍神のレベルも出来るだけ抑えるつもり(ミッションの作戦レベル+10以内)ですが、今回の目的はとにかく人間のレベルを極限まで低く抑えることです。わざわざタイトルに軍神使用パターンと明記したのは、これらの理由からです。テストプレイから軍神のレベルを作戦レベル+10以内に抑えられると判断しました。なお、軍神使用パターンがあるなら、当然軍神使用無しパターンも考えられますが、こちらは軍神を全く使用しないで人間のレベルを可能な限り低く抑えるのが目的となります。



次に2.ですが、零式ではバイオの毒ダメージで敵を倒すと、経験値を入手しないという仕様があります。おそらく零式をプレイしたことのある人でも、ほとんど知らないと思われるマイナーな仕様です。アルティマニアにも記載されていませんが、低レベルを狙うならば知らなければならない事実でしょう。ちなみにバイオをキルサイトで当てた場合は、普通に経験値が入ってしまいます。あくまで毒のスリップダメージ(1秒で7.5のダメージ)で倒さなければなりません。またバイオの発生率は∞であり、敵が毒無効で無い限り必ず発生しますが、ボスや機械系の敵(コロッサス等)は毒無効な場合がほとんどですので、この場合は軍神に経験値を受けさせるしかないです。簡単に言うとバイオが効く敵は毒ダメージで倒し、毒無効の敵は軍神に倒してもらうということになりますが、敵の攻撃1発で死んでしまうような低レベルの状態で、敵を通常の攻撃やキルサイトではなく毒ダメージで倒すのは難しく、例えば皇国兵が集団で出現し、その全てを1秒で7.5ダメージしか与えられない毒ダメージで倒すとなると、ミッション難易度不可能よりも更に不可能と言っても過言ではないほど困難を極めます。実際にバイオだけで毒有効の敵を全て倒そうとすると絶望を感じずにはいられません。余談ですが、軍神なし極限低レベルクリアの方が遥かに難しいと思います。バイオも禁止にすれば難易度は一気に下がりますが。


そのため普段は軍神に必要最低限の敵を倒してもらい、軍神が使えない状況かつ毒有効な敵がいる場合はバイオで倒すという形でプレイを進めていくことになります。ただ、軍神を呼ぶと操作キャラは死んでしまいますので、1回のミッションで軍神を呼べる回数は限られています。なので軍神を呼ぶタイミングなどは工夫が必要となります。


最後の3.ですが、零式ではバトルメンバー3人が戦闘不能状態であっても、リザーブメンバーがいれば戦闘は続き、その間にもNPC(朱雀兵など)は勝手に攻撃してくれます。この状態でNPCが敵を倒せば、0組の誰にも経験値は入りません。ただ、NPCが登場する戦闘でないと使えませんので、この方法を使用出来る戦闘は限られています。今回のプレイでも某戦闘1回だけ、この方法で経験値を回避する予定です。




プレイ条件
壱:軍神を使用し人間のレベルを極限まで低く抑える。
下に補足説明

弐:軍神のレベルはミッションの作戦レベル+10以内に抑える。
下に補足説明

参:通信は行わない(スクエニメンバーズサイトやマルチプレイ)
スクエニメンバーズサイトに接続して強力なアイテムを入手したり、通信を使って敵を倒してもらっていては制限プレイになりません。

四:魔導院の支援を受けない。
魔導院の支援は必要ないので使いません。それに、支援メンバーが勝手に敵を倒して不必要な経験値を得てしまう恐れもあります。

伍:モーグリの授業を受けてステータスアップさせない。
モーグリの授業の中には経験値をもらえる授業がありますが、当然それは受けないとして、せっかくなので他の授業も全て受けないことにしました。また、アイテムによるステータス強化もしません。

六:キャラのアビリティ習得は2回までとする。
基本的にキャラのアビリティ習得はしませんが、極限低レベルを達成するためには、2つのアビリティを習得しなければ無理なようです。詳しい内容はプレイ日誌の方で説明します。なお、軍神のアビリティ習得に関しては制限しません。APの限りアビリティ習得させます

七:システムファイルは新規に作成する。
システムファイルを新規にしないと、通常プレイデータのプレイ時間が、この制限プレイ用のセーブデータに加算されてしまいます。後で詳しく書きますが、プレイ時間による報酬アイテムには強力な物もあるため、それらを入手しにくくするための条件です。まあアイテムをくれる人物に話しかけなければ良いのですが。また、体験版のシステムデータの引継ぎもしません。



壱と弐の補足説明
事前に経験値分配の計算やテストプレイを行った結果、以下のレベルでクリア可能だと思われます。
初期レベル最終レベルレベルアップのタイミング
エース681章
デュース88
トレイ99
ケイト99
シンク88
サイス1010
セブン99
エイト99
ナイン681章
ジャック99
クイーン781章
キング10138章
レム99
マキナ1010
合計レベル119127
平均レベル8.509.07

細かい経験値計算や使用する軍神のレベル等はプレイ日誌の中で説明していきます。おそらく、この最終レベルで極限低レベルだと思います。平均レベル9だったなら、ストーリー的にも美味しかった...(´・ω:;.:... 

アルティマニアP223に載っている経験値計算式を、このプレイに当てはめてみると

{(基本EXP x 敵のレベル)+レベル差による補正} x (軍神補正約8倍)となります。

レベル差補正
自分の方が高い場合: -(レベル差)^2 x 3 ÷ 16
自分の方が低い場合: +レベル差 ÷ 2


プレイ日誌では、この計算式を使って出した値を出来るだけ書いていきます。それにしても経験値計算が面倒すぎた・・・


さて、次の記事から実際の攻略に入ります。もちろん動画もアップしていきます。今回はニコニコ動画ではなくYoutubeの方に動画をアップしていきます。ニコ動の方は非プレミアムなので、サイズは40MBまで、映像と音声合わせて600kbpsまでといった制限があり、テストプレイ動画をいくつかアップしてみましたが、零式の長いミッションをニコ動にアップしても画質が汚くなってしまい見れたものではありません。分割してアップするというのも考えられますが、非プレミアム会員は2GBまでしか動画をアップ出来ず、今現在使用しているアカウントの残り容量は0.5GB程度しかないため、プレミアム会員にならないと零式の動画をすべて出せない可能性もあります。別にアカウント作っても良いですが、ひとつのアカウントにまとめておいた方が分かりやすいでしょう。Youtubeの方は一回に2GBまでアップ出来ますし、ちょっと設定すれば15分以上の動画でもアップ出来るようになります。出来れば1つのミッションを分割して上げたくないですし。こういった理由で今回はYoutubeに動画を上げていきます。先に動画をうpしてから記事を書いていくので、ブログが更新されてなくてもYoutubeの方が更新されている場合が多いと思います。



それではノシ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

| FF零式 低レベル本編 | 22:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF12 低レベル+アイテム使用禁止その0 ~プレイ条件など~

さて、このブログ第2弾となる、やりこみは


FF12 低レベル+アイテム使用禁止」である。(オリジナル版)


FF12は装備による強化とアイテムによる物量作戦が非常に強力であり、特にアイテムは、ライセンスなしで瞬時に発動でき、多種多様な効果を持つ。アイテムの効果を逆転させるアクセサリ「ニホパラオア」を使用すると、更に強力であり、ものすごく戦闘が楽になってしまう。今回は、その強力なアイテムを封印して攻略しようというコンセプトである。もう何回プレイしたか分からないFF12だが、まだまだこのゲームを遊び尽くすぜ(゚∀゚)ノ


気になるのは「アイテム使用禁止」をメインにした縛りプレイのレポートなどが、ほとんど見当たらないのである。あんまり人気ないのかな(´・ω・`) 初期HP縛りなんかは人気ありますなぁ。


ちなみに、この制限プレイは管理人がブログを開設する2年ほど前にも行ったのだが、今回は、その経験を生かして更に発展させた内容にするつもりだ。動画もアップロードするが、それは文章の補足&勝った証拠という位置づけである。基本的に文章がメインとなる。



~条件~

初期レベル(Lv1,2,2,3,3,3)


・禁止事項
アイテム使用(ゲスト含む)
固定ダメージ攻撃、銃・計算尺・癒しのロッド・フェイスロッド使用
序盤のパンネロ強化




・なるべく自粛(完全禁止は無理だと思われる)
ファイアフライ装備
オプション取得(HPアップは最後に解禁)
ミストナック・召喚  
ボス戦闘中にメニュー画面を開く(装備変更・メンバーチェンジ等)

追加:ニワトリス&ヒナドリス狩り(効率悪いがLPを稼げてしまう)



・制限しない
ショップ(交易品含む)
モブ狩りなどのサブイベント
パンネロ鑑賞 



捕捉説明
*禁止事項
固定ダメージ攻撃(防御無視攻撃):算術・歩数攻撃・針千本・時間攻撃・銭投げその他
こちらの能力にかかわらず、一定のダメージを与えられるため禁止


銃・計算尺・癒しのロッド・フェイスロッド使用
防御無視の攻撃である。特に、銃は非常に強力であり、通常の低レベルプレイなら間違いなく主力になるので、今回は禁止する。


序盤のパンネロ強化
ラバナスタ王宮前でパンネロのレベルを上げても、戦艦リヴァイアサンでパンネロに再会した時、パンネロの経験値がリセットされてしまう。これを利用すれば、パンネロのレベルを上げまくって、レアモンスターなどから強力な武器を手に入れたりすることが出来てしまい、更にリヴァイアサンで再会した時はレベル3に戻っているという現象が起きてしまう。これは反則なので禁止。



*なるべく自粛
この制限プレイは管理人が2年前に行ったものを元に攻略するのだが、その時に気付いたことを書くと、
ファイアフライを入手できる時点(ミリアム遺跡)で、ファイアフライを装備してLPを大量に稼いでしまうと、その後の戦闘が楽になってしまうが、最後までファイアフライ禁止にしてしまうと、非常に厳しくなってしまう。そこでファイアフライ装備は、なるべく自粛することにした。まあ、ラスダンあたりはLPを大量に稼いでもキツイのだが・・・

追加でニワトリス&ヒナドリス狩りも自粛したが、どうしてもボスに勝てないときは解禁する。まあ、解禁することはないだろう。


オプションも、上と同様の理由である。
HPアップ系のオプションを取得すると、ものすごく楽になってしまう恐れがあるので、最後まで自粛。


ミストナック・召喚について
この制限プレイだと、非常に火力が乏しいので、普通に殴っているだけでは一部のボスを倒しきれないことがあるのだが、無印版では、MPとミストカートが連動しており、ミストカートを使用するとMPまで減ってしまう仕様である。また、ミストカートの回復方法が、歩き回って回復させるくらいしかないので、戦闘中1回限りの技になると思われる。つまり切り札という意味で、なるべく自粛という形にした。


ボス戦闘中にメニュー画面を開いて装備変更やメンバーチェンジ
これについても、本当は完全禁止にしたかったのだが、アイテム使用禁止という条件下では、無理だと思われるので、なるべく自粛することにした。しかし、敵の大技に合わせて装備を変更したり、装備変更による行動後の硬直を解除するという行為をするつもりはない。メニュー画面を開いて、必要最小限の変更だけをするつもりだ。
また敵味方誰もダーゲットにされていないときは、戦闘中とみなさない。

なお、大灯台やラスボス連戦等は、各戦闘の開始時にメニューを開いて良いとする。
更に雑魚戦闘中は、何時でもメニュー開いて良いことにする。基本的にボス・モブ攻略なのでね(´・ω・`)



*制限しない
ショップやサブイベントは通常通り利用する。これまで制限したらムリゲーやヽ(`Д´)ノ


なお、パンネロ鑑賞というのは、ただの管理人の趣味である。特に意味はないんだけど、これ制限されたら安らぎが無くなってしまうのよ( ´,_ゝ`) まあ、アーシェ・フラン鑑賞でも良いんだけど、やっぱパンネロですよねってことだ。というか、これを制限するプレイって何ですか。パンネロしば(ry



参考レポート様:
sra氏 「FF12初期レベル&アイテム禁止+αクリアのレポート(達成日:2006年5月19日)」
http://ultimagarden.net/report/sra_ff12_llc_item2.txt

参考動画様:
KY氏 「FF12 初期HP縛り」




次から攻略していくぜ!! 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

| FF12 アイテム禁止 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FF13-2 クリスタリウムなしプレイその0 ~プレイ条件など~

さて、クリスタリウムなしプレイ(No Crystarium Usage:NCU)を連載するぞぉぉぉぉぉぉx


と、その前にプレイ条件などの確認をする。

・クリスタリウムの使用を封印する。(どうしても勝てない場合は、多少成長させることを許可する)
・クリスタリウム封印のために、EASYモードを使用することがある。
・予約特典、プロダクトコード,DLCは使用しない。
・Ver.1.01で攻略する(というか、攻略せざるを得ない。詳しくはこちら

追加条件
・モンスターを仲間にするため、あるいはドロップアイテムを入手するためにEASYモードを使用してよい。
(結局、この追加条件に意味はなかった)


上2つの条件について
1:NORMALモードで、クリスタリウムを使用せずに戦う。

2:1では勝てないと判断したら、多少クリスタリウムを使って成長させる。その際、ギリギリで勝てるラインまで成長させるように心掛ける。

2':2と並行して、別にセーブデータを作り、EASYモード、クリスタリウムなしで戦うことにする。

3:それでも勝てないなら、NORMALモードで大幅に成長、EASYモードで低成長で戦闘する。

4:無理だったら諦める\(^o^)/



このような縛りの段階を、今回のクリスタリウムなしプレイに適用したい。

2と2'についてだが、「クリスタリウムなし」という条件にこだわるなら、EASYモードを使用することで達成できるかもしれないと考えたため、このような条件を作製した。

3なんかは、もう縛りプレイとは呼べないだろうから、2と2'で勝てない場合は諦めることにした。



このくらいかな。何かあったら、気付いたときに書く。
まだ情報が出揃ってないのに始めてしまったので、正直見切り発車な感じはするが、このまま突っ走るしかないで。

・セラ、ノエルの初期ステータス(武器あり)
セラ   :HP385 物理32 魔法34 装備能力50 A2 B2 D1
武器   :スターシーカー
アビリティ:たたかう ルイン ファイア 挑発

ノエル  :HP404 物理38 魔法34 装備能力50 A2 B1 D2
武器   :フレイムフォッシル
アビリティ:たたかう ルイン ブリザド 挑発

2人は最後までこの能力で行く。逝くんじゃなくて行く。

・ロール、モンスター
2人はATK,BLA,DEFの3つを使える。JAM,ENH,HLRはモンスターに頼るしかない。
HLRに関しては、今作のポーションは高性能なため、ケアルで回復しているよりポーション連打の方がはるかに強いので、あまり必要のないロールであると言える。セラ、ノエルはHPも1000を超えることはなさそうだし、ケアルアなんていらない。てかそもそも使えないorz

JAM,ENHはモンスターに頼るわけだが、まずはモンスターを仲間にしなければならない。トレジャーやモーグリ投げで仲間になるモンスターもいるが、大半は倒さなくてはならない。どこまでこのステータスで倒せるのやら・・・このプレイ最強の仲間モンスターは、金チョコボである可能性は非常に高い。初期能力高すぎでしょあの子
当然モンスターもクリスタリウム封印であるが、特性アビリティの継承は良いのかな?
とりあえず封印しないで様子見である。


・アクセサリ
今作のHPアップ系アクセサリの仕様はHP+○%という割合である。これが何を意味しているかと言うと、たとえばゴールドバングル(HP+25%)をノエルが装備してもHP505にしかない。元から少ないHPにいくらバングルを装備しても少ないままなのである。大丈夫か?これ・・・2人でDEFになることが多くなりそうだわ。
ちなみに前作はHP+3000といった足し算の装備効果である。

またアクセサリには装備能力というものがあって、簡単に重量制限みたいなものである。優秀なもの重いものは何個も装備できないようになっている。初期の装備能力は50なため、大したアクセサリは装備できない。大丈夫か?これ・・・(2回目)通常プレイでも100までしか上昇しないようで、リボン1個装備したら他は何も装備できないという仕様である。このシステムいるのか?

・武器
特に書くこともないでしょう。店売りの装備を買っていくだけである。と思ったけど、フラグメント装備に関しては注意事項がある。詳しくはこちら


今思いつくのはこれくらいである。気づいたときに追加で説明していくことにする。

導入はこれくらいにして、次の記事から物語を進めていく。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

| FF13-2 クリスタ封印 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |